Fitness Press

- フィットネスプレス -

最強の食材ブロッコリー!その凄すぎる効果を徹底解説!!

f:id:dand-a20170201:20170726163532j:image

こんにちは、Dand.Aの金子です!

ボディメイクやダイエットを行っている人の食事で、必ずと言っていいほど食べている食材…それが「ブロッコリー」

このブロッコリーには、体作りだけでなく美容や健康にも良い成分が豊富に含まれており、ブロッコリーダイエットと呼ばれる言葉も生まれるくらい優れた食材なんです。

 

今日は、そんな最強食材のブロッコリーについて解説します!

1. ブロッコリーの凄すぎる効果・効能

注目すべきポイントはなんと言っても『豊富な栄養素』にあります。ブロッコリーにはタンパク質やビタミン・ミネラルなど多くの栄養素が含まれており、それにより様々な効果・効能があるのが特徴です。

ここではその効能についてご説明させて頂きます。

  • ガン予防

ブロッコリーに含まれるスルフォラファンやビタミンE、β-カロテンなど抗酸化作用を持つ成分がガンの除去・抑制に効果があります。

  • 美肌効果

コラーゲンの生成に関わるビタミンCを始め、皮膚粘膜の保護・修正に必要なβ-カロテン、メラニンの除去に必要なスルフォラファンなど美肌に良いとされている成分を豊富に含みます。

  • 貧血予防

ビタミンB12や鉄分・葉酸などが貧血の改善に効果を発揮します。さらにブロッコリーに含まれるビタミンCは鉄分の吸収を助けてくれます。

また、豊富な栄養素以外に『カロリーの低さ』という点もブロッコリーの優れている所です。
ブロッコリーの一日の摂取量の目安は約100g(ブロッコリー一房あたり約300~400g)。
この100gあたりに対してのカロリーは、なんとたったの33kcalとかなりの低カロリーなので食べ過ぎによるカロリーオーバーの心配をしなくていいのも嬉しいところですね。

 

2. ブロッコリーがダイエットにおススメな訳とは?

ここまでは美容や健康などへのブロッコリーの効能をご説明させて頂きました。
しかしブロッコリーには、美容や健康だけではなくダイエットに良い成分も豊富に含まれています。ここではその特徴的な成分と効果をご説明させて頂きます!

  • ビタミンB2

ビタミンB2は脂質の代謝を促す作用があり、体に脂肪を溜めにくくする効果があります。

  • カリウム

体内の塩分を排出する作用に優れており、むくみ解消に効果があります。

  • 食物繊維

ブロッコリーに含まれる不溶性食物繊維は、腸内で便のかさを増すことで腸壁を刺激し、便通を促進する効果があります。

その他にブロッコリーには、体脂肪を溜め込む作用がある女性ホルモン『エストロゲン』を抑制してくれる働きがあり、効果的に脂肪燃焼することが期待出来ます。
またブロッコリー自体が歯応えがしっかりしているので、満腹感を得やすいというメリットもダイエットに効果的な理由の一つになります。

 

3. 筋トレをする人に相性抜群

ここまででブロッコリーの幅広い効果についてご理解頂けたかと思います。しかし、ブロッコリーは筋トレをする人にこそ食べて頂きたい食材でもあります!というのも、ブロッコリーは先程ご説明したように低カロリーでありながら、野菜にしては珍しいタンパク質を豊富に含む食材であり、さらには筋肉が付く上で必要な男性ホルモン『テストステロン』の分泌を促してくれる働きがあるんです!
野菜としての栄養価もさることながら、筋肉をつけやすくしてくれる働きがあるブロッコリーはまさしく最強の筋肉食材になります!(とは言え、食べ続けたからといってムキムキになる訳ではないのでご安心下さい。)
またブロッコリーには、その他にも筋トレをする上で嬉しい効果が沢山あります!

  • 疲労回復・免疫力の向上

抗酸化作用のあるビタミンCがなんとレモンの2倍も含まれています。
加えて、抗酸化作用を持つ『ファイトケミカル』も多く含まれています。
これにより運動後の疲労回復を促進したり、免疫機能への負担を軽減させる事が出来ます。またグルコシノレートという物質を含んでいて、細胞を精神的なストレスや高強度の運動による身体的ストレスから身体を守ります。

  • 筋肥大を促進

三大栄養素を身体が吸収するのに欠かせないミネラルである『クロム』が多く含まれています。
クロムは筋肉増強に使われるインスリンというホルモンを助ける作用を果たすので、運動後にタンパク質と炭水化物に加えてブロッコリーを摂ると筋肥大を促進することができます!

 

4. 意外とやりがち!?ブロッコリーを食べる時の注意点

さて、全てにおいて欠点という欠点が見当たらないブロッコリーですが、そんなブロッコリーを食べる際に注意すべき点があります!
それはマヨネーズなど調味料を沢山かけること!マヨネーズには大量のコレステロールが含まれており、せっかくカロリーを抑えた食事が台無しになってしまいます。茹でたてのブロッコリーにはシンプルにお塩を振るなどして味付けにも気を配ってあげる事が大切ですね!また、茹ですぎてしまうとビタミンが流出してしまうので、蒸したりスープにして溶け出した栄養素ごと取り入れてあげる事がオススメです!


プライベートジムDand.Aではプロのトレーナーが栄養に関する正しい知識や痩せる為の食材を伝授します。

ご興味ある方は下記URLから無料カウンセリングにご応募下さい。
お待ちしております。

 Dand.A公式サイト

 

f:id:dand-a20170201:20170802145326j:plain