Fitness Press

- フィットネスプレス -

お水を摂ってキレイになろう!ダイエットと水分の意外な関係

f:id:dand-a20170201:20170815010607j:image
こんにちは、Dand.Aの金子です!

私達人間の体は6~7割が水分で出来ているとされています。
水分を摂るという事は生きていく上で欠かせないものですが、それ以外にも様々な効果・効能が期待出来ます。中でもダイエットをする際には、この水分の役割というのが非常に大切になります。

今日は水分とダイエットの関係についてご説明させて頂きます!

1. お水を摂る事は健康にも美容にもイイ!

よくモデルさんやタレントさんにダイエット方法を聞くと「お水を沢山飲む様にしています」と、耳にしますよね?その事からも分かる様に、お水を摂る事はダイエットだけでなく、健康や美容にも沢山のメリットがある事が伺えます。
お水を摂る事のメリットは以下の4つとなります。

  1. 代謝が活発になる

    血液の約50%は水分と言われていますが、現代人の体内は水分不足に陥っており、そのため血液がドロドロの方が多いと言われています。
    血液は栄養や酸素を運んだり、熱(体温)を運ぶ役割がありますが、水分不足により血液がドロドロになってしまうと、それらの働きが十分に行われず代謝が低下してしまいます。反対にお水を沢山飲む事で体内の水分量が増えると、血液の流れがサラサラになり細胞が活性化され、代謝が上がります。

  2. 便秘解消効果

    便秘解消に効果があるものと言えば、誰もが食物繊維を多く含む野菜を思い出しますが、実は野菜よりも便秘解消効果が高いと言われているのが、お水なんです!
    多くの日本人の体内は水分不足にあると言われており、これまで水をあまり飲んでいなかった人が水を多く飲むようになると、腸が刺激され便秘が解消されやすくなります。

  3. デトックス作用

    汗による老廃物の排出は全体の3%ほどと少ないものの、尿や便からは排出されない有害物質が汗によって出る事から、汗をかく事はとても大切だと言えます。
    その他にも汗をかく事は体温の調整を行うという意味でも大きな役割を果たします。水分が不足してしまうと、この体温調整の機能も低下してしまい、結果的に体に支障をきたす恐れがあります。
    また、トイレに行く回数が少ない方は水分の摂取量が足りていない可能性があります。適度な尿や汗、便の排出によるデトックスは、体の調子を整えると共に新陳代謝を活発にする上で欠かせない事です。

  4. 体温が上がる

    上記でも説明させて頂きましたが、代謝が良くなる事により血液循環や老廃物の排出が活発に行われるようになり、体温が上がりやすくなります。現代人は体温が低い傾向にあり、これが基礎代謝や免疫力の低下を招いているとも言われていますが、体温が1度上がる事で何と基礎代謝は10%も上昇すると言われています。基礎代謝が高い人ほど痩せやすい体質とされるため、体温を上げる事はとてもダイエットに役立ちます。

2. どれくらい?どうやって飲めばいいの?

お水を飲む時、最も効果的な摂取量は体重の約4%と言われています。
体重50kgの方であれば、一日約2リットルが一つの目安となります。また、お水を飲む際のポイントは『こまめに摂取する』という事がとても大切になります。例えば、体重から換算して一日2リットルのお水を飲む場合、1リットルを朝と夜に一気に摂る方法よりも、一日に何回か分けて飲む方が体への負担も少なく、効果的に体内へ吸収されていきます。大切なのは喉が渇いたと思う前に水分補給をする事です。

3.コーヒーはOK?水分補給の注意点

お水を沢山飲もうとした時によくあるのが、「毎日お水ばかりじゃ飽きてしまうかも…」と、コーヒーや緑茶などを代用する方がいらっしゃいますが、それはオススメは出来ません!コーヒーや緑茶に含まれるカフェインには利尿作用があり、摂取した時それを分解するために反対に水分が必要となってしまう恐れがあるからです。
あくまでもお水で水分補給するという事が大切になります!もちろんお水をしっかり摂取した上で、コーヒーや緑茶を飲む分には問題ありません。
なお、手軽に摂取できる水道水を摂る場合、水道水には塩素などが含まれているため、出来れば浄水したものを飲む方がよいでしょう。
また、お水には軟水と硬水の二種類があり、ミネラルが豊富に含まれている硬水はダイエット効果を得やすいと言えますが、日本人にとってはやや飲みづらさを感じる場合があるので、飲みやすい軟水で摂取する事をオススメします。

4. お水を摂ると浮腫む!?

これは良く聞く質問ですが『お水を沢山飲んだら足が浮腫んだ!体重が増えた!』と、感じる方がいらっしゃいます。結論から言うと、お水にはカロリーがない為、お水を飲んだ事が原因で太ったりする事はありません。お水を飲んだ事で物理的に体重が増える事はありますが、それは一時的なものです。
しかし、お水を飲んで増えた体重が元に戻らないという場合は、運動不足などの代謝不良によって体の中の水分が上手く排出されず、太りやすくなっている可能性があります。
また、必要以上のお水を飲んだり、冷たいお水を一気に摂取したりすると体が冷えてしまい、尿や汗として水分が排出されずに浮腫みが起こった状態になりやすいのでこちらも注意が必要です。ジョギングやヨガなど少し汗をかく程度の適度な運動と、その際の水分補給は常温のお水を摂るなどして体を冷やさないようにしましょう。
また、トイレを我慢してしまうとかえって体に負担を掛けてしまうので注意が必要です。

5. 普段の水分補給を見直そう

さて、ここまででお水を摂るメリット・デメリットをご理解頂けた事かと思います。
いきなり必要量の水分を摂る事は難しくても、これまで飲んでいたジュースやコーヒーをお水に変えてあげるだけでも、カロリーや糖質など抑えられてかなりの効果を実感されるかと思います。食事制限や運動などと違い、ちょっとした日々の習慣として気軽に取り入れられるので、これからダイエットを始めようとする方などは是非取り入れてみて下さい!

プライベートジムDand.Aではプロのトレーナーがダイエットに関する正しい方法や知識を伝授します。
ご興味ある方は下記URLから無料カウンセリングにご応募下さい。
お待ちしております。

 Dand.A公式サイト

 

f:id:dand-a20170201:20170802145326j:plain