Fitness Press

- フィットネスプレス -

超簡単!ダイエット効果を上げるバスタイムの方法とは?

f:id:dand-a20170201:20170915024750j:image

こんにちは、Dand.Aの金子です!

突然ですが皆さん、お風呂にしっかり入っていますか?
疲れていたりするとついつい面倒でシャワーだけで済ませてしまう…という方も多いかと思います。
実はお風呂に入る事は疲れを取り除いてくれるだけでなく、ダイエットをする人に嬉しい様々なメリットがあるんです!

今日はそんな『超簡単!ダイエット効果を上げるバスタイムの方法』のご説明をさせて頂きます!

 

1. ただ入るだけ!入浴のススメ

その日に溜まった疲れを取るという事はトレーニングを行う方だけでなく、ほとんどの方が望んでいる事ですよね。
実はこの疲れを取るという事がダイエット効果にも大きく繋がってくるのです!
湯船に浸かると体の内側からポカポカと温まってきて、血行が促進されていきます。血行が良くなる事で代謝がアップして脂肪の燃焼が活発になります。また、代謝が上がる事で発汗作用が促されると、体内に溜まった老廃物や毒素が排出されて、むくみ解消にも繋がります。むくみは脂肪と老廃物を結びつけセルライトを作る原因にもなるため、ダイエットにとっては大敵です。

その他にも、体の隅々まで温まる事で冷え症が改善したり、肩周りの血行を促進して肩こりの解消効果なども期待出来ます。
この様にざっと挙げただけでもこんなに沢山の効果がある訳ですが、これらの効果はシャワーを浴びるだけでは実感出来ないものなんです。

 

2. お風呂に入る時のポイントとは?

『それじゃあ早速お風呂に入ろう』…となるその前に、お風呂に入る前後で効果を高めてあげる為のいくつかのポイントがあります!

お風呂に入る前にコップ一杯のお水を飲む

f:id:dand-a20170201:20170915024813j:image

お風呂に入ると200ml程度の汗をかきます。なので、お風呂に入る前に汗をかく分のお水を飲んでおく事が大切になります。
反対にお水を飲まずにお風呂に入って汗をかくと、体内の塩分濃度が高くなり血液がドロドロになってしまいます。血液がドロドロになってしまうと、体のデトックス作用が働かず、流れるはずの老廃物も流れません。なのでしっかりとお水を飲んでからお風呂に入りましょう。

また、これから体温以上の温度があるお風呂に入るため体に大きな負担がかかってしまう恐れがあるので、お水は出来るだけ常温のものを飲むのが望ましいです。

入浴剤やバスソルトなど、血行を促進するものを入れる

f:id:dand-a20170201:20170915024835j:image

入浴中は徐々に体が温まってきて発汗作用などが促進されます。
この時に入浴剤やバスソルトなどのアイテムを利用する事によって、毛穴が開きデトックス作用がより強く現れてきます。疲労回復だけでなく、美容にも効果があるので是非とも取り入れたいですね!

入浴後のストレッチと水分補給
f:id:dand-a20170201:20170915024849j:image

入浴後は体温が上がった状態になるので、筋肉や関節なども普段より柔軟性が上がっている状態になります。この時に簡単なストレッチやマッサージなどを行う事によって、体に蓄積された疲労物質が排出されやすくなります。
さらに、定期的に行う事によって体の循環機能が高まり疲れにくく、疲れが取れやすい体に変化していきます。
さらに、入浴中に汗で失われた水分を補給してあげる事も大切になります。

 

3. 温度は?時間は?お風呂に入る際の注意点

さて、ここで気になるのがお風呂に浸かる時間や温度ですよね!
半身浴、交代浴など様々な入浴方法が存在しますが、今回はあくまで『お家で入る一般的な入浴』という形でご説明させて頂きます。

まず時間ですが、体の内側までしっかりと温めてあげる必要があるので10~15分程度が望ましいです。これ以上長くなってしまう場合は、一度湯船に上がってのぼせない様にしたり、こまめな水分補給をする様に心掛けましょう。
ただし、長く入っていればダイエット効果が持続するという訳でもありません。大切なのは、体に負担が掛からない様に少しずつ体温を上げていく事です!

そして、お風呂に入る時間と非常に関係してくるのが入浴温度です。
上記の入浴時間に合わせる場合は41℃位がオススメの入浴温度になります。これ以上低い温度だと、体の内側を温めるのに時間を必要としてしまい、反対にこれ以上高い温度だと熱すぎてしまいます。

人間の体は体温が1度上がると基礎代謝が10~15%もアップしますが、体温が急激に上がってしまうと体の代謝機能や発汗作用を狂わせてしまうので注意が必要です。
41℃であればお風呂が苦手な方でも我慢出来る温度かと思いますし、体の芯までゆっくりと温まるので、内臓脂肪を燃やしたり内臓の働きを活性化させたりと様々なダイエット効果が得られます。

しかし、先程も述べた様にダイエットの効果があるからといって、温度を上げたり、長時間お風呂を入ったりすると体に負担がかかってしまいます。体に負担のかかる辛い方法は必ずと言ってもいいほど続かなくなる原因となってしまうので無理はやめましょう!

 

4.リラックスする事が一番のデトックス

f:id:dand-a20170201:20170915024920j:image

いかがでしたでしょうか?食事制限や運動といった方法ではなく、ただお風呂に入るだけ!
お風呂は毎日入るものですから、気軽に続けられそうな事が最大のメリットと言えるでしょう。また、すぐに効果が現れなくても、お風呂に浸かる習慣を身に付けていく事で痩せやすい健康的な体質に変化していきます。
一日の貴重なバスタイム、心も体もリラックスしてデトックスしちゃいましょう!

プライベートジムDand.Aではプロのトレーナーがダイエットに関する正しい方法や知識を伝授します。
ご興味ある方は下記URLから無料カウンセリングにご応募下さい。
お待ちしております。

 Dand.A公式サイト

 

f:id:dand-a20170201:20170802145326j:plain