Fitness Press

- フィットネスプレス -

栄養の宝庫!筋トレにもダイエットにも便利な卵の力!!

f:id:dand-a20170201:20170919204142j:image

こんにちは、Dand.Aの金子です!

卵はタンパク質が豊富なのは勿論の事、その他の栄養も多く含まれているスーパー食材です。.
何よりも『生で良し』『焼いて良し』『茹でて良し』と、様々なバリエーションがあり、飽きづらいという面が嬉しいですよね!
健康的に痩せやすい体をつくりたい方には、是非積極的に食してほしい食材のひとつです。

  

今日はそんな卵の効果についてのご説明です!

 

1. 卵が筋肉に良い理由

卵1個には、約6.4gのタンパク質が含まれています。
そして、卵に含まれているタンパク質には、筋肉の発達にとって必要不可欠な「必須アミノ酸」がバランスよく含まれており、卵の「アミノ酸スコア」は最高点の100です。

※アミノ酸スコアとは
人間の身体では合成できず、食品から摂らなければならないアミノ酸を「必須アミノ酸」と言います。
この必須アミノ酸は9種類ありますが、この9種類のうち、その食品中でもっとも不足しているアミノ酸の割合を数値化したものが「アミノ酸スコア」です。
この数値は上限を100とし、数値が高いほどアミノ酸がバランスよく含まれ、栄養価が優れている食品と考えられています。

つまり、卵は筋肉を発達させる上で、最も優秀なタンパク質源だということです!

2. 卵の優秀過ぎる効果

疲れにくい身体を作る

卵に含まれるタンパク質は身体のエネルギー源にもなり、疲労回復はもちろん、内臓の働きを高める効果もあります。
また、体内では生成されない必須アミノ酸も含まれており、運動後に食べる食材としておすすめしたい食材のひとつです。

脳の活動を活発にする

卵黄に含まれるコリンは記憶力向上や集中力の向上に効果があるとされています。
コリンを大量に含むたまごを摂取する事で、アルツハイマー予防にもつながります。
若い方には記憶力や集中力の向上、年配の方には病気の予防をしてみましょう!

風邪の症状を緩和する

卵白にはリゾチームという物質が入っています。
これを摂取することにより菌やウイルスなどを殺すだけでなく、免疫力を高める働きがあります。風邪薬にも「塩化リゾチーム」というものが入っているため、たまごは薬としての効果も持っています。
おかゆなどに溶きたまごを入れるとおいしいだけでなく、早く治す効果もあります!

綺麗な髪や肌を作る

綺麗な肌や髪を作る、保つには栄養を十分に摂ることが必要です。
上記にも登場した必須アミノ酸をはじめ、たまごの中にはアミノ酸が豊富に含まれております。
髪の毛はたんぱく質から作られており、たんぱく質を生成するアミノ酸を卵から摂取する事により、綺麗な髪やお肌を作り上げます!
また、アミノ酸はたんぱく質だけでなくコラーゲンも生成することが出来ます。肌の主成分であるコラーゲンが不足すると肌が荒れてしまいますので、元となるアミノ酸を摂取することで肌を良い状態で維持することが出来ます。

 

3. 調理方法による消化時間の違い

まず卵は調理方法によって消化、吸収にかかる時間が違います。
生卵、ゆで卵、卵焼き等、調理方法は色々とありますが、何と一番消化吸収に優れているのは温泉卵(半熟卵)なんです。

卵の消化吸収時間をまとめると、


生卵:2.7時間
温泉卵:1.3時間
ゆで卵:2.5時間
目玉焼き:3時間
卵焼き:3.2時間

加熱していくと、消化吸収が悪くなっていきます。これは卵の酵素が熱で変化する事が原因になります。

 


卵はコレステロールが高いので食べ過ぎると体に悪いとされてきましたが、近年の研究では、食べ物からコレステロールを摂取しても数値に大きな違いはないとされていますので、一日3~4個程度を目安に食べてあげるのがいいですね!


プライベートジムDand.Aではプロのトレーナーがダイエットに関する正しい方法や知識を伝授します。
ご興味ある方は下記URLから無料カウンセリングにご応募下さい。
お待ちしております。

 Dand.A公式サイト

 

f:id:dand-a20170201:20180708154126j:image