Fitness Press

- フィットネスプレス -

ダイエットの成功には朝食が不可欠!その驚くべき効果とは

f:id:dand-a20170201:20171110204306j:plain

こんにちは、Dand.Aの岸本です。

 
「朝食を抜くと痩せる」という情報もありますが、せっかくダイエットのためにトレーニングを行っていても、朝食を抜くことにより筋肉が付きにくくなり、綺麗な体を手に入れることが出来なくなってしまいます。

“ ダイエットをするなら朝食を食べること ”
これがダイエットを成功させる重要なポイントです!

規則正しい生活で健康的なダイエットを成功させるためには、朝食はとても重要であると考えられます。

 

本日は、朝食から得られるダイエット効果について解説していきます。

 

1. 朝食から得られるメリット3選

① ダイエットの天敵「便秘の解消」

便秘の状態が続いてしまうと、基礎代謝がどんどん低下してしまい痩せにくい体になってしまいます。その他にも疲れが溜まりやすくなったり、内臓の調子も悪くなっていきます。
ですが、朝食を食べることにより胃に入った食べ物が腸を刺激して腸が活発に動いてくれます。腸が動くことで蠕動運動(ぜんどううんどう)が始まり便秘を解消することが出来ます。

 

② 筋肉の分解を防ぐ

夕食から摂取した栄養素は睡眠中にほぼ使われてしまい、起床時の身体は飢餓状態になっています。
朝食を抜いて飢餓状態が長く続くと筋肉にあるタンパク質を分解して血中にアミノ酸を放出し糖新生を行うため、筋肉量が減ってしまいます。
しっかり朝食を食べることにより筋肉量を減らさずに効率的にトレーニングの効果を得られます。

 

③ 基礎代謝の向上

起床時は低体温ですが、朝食を食べることで徐々に体温が上がっていき、さらに代謝が活性化します。体温が1℃上昇するだけで基礎代謝は13~15%もアップするのでダイエットには欠かせません。

 

2 . 朝食のお勧めメニューとは

f:id:dand-a20170201:20171111170154j:image

朝食のメニューで重要なのは栄養バランスです。
朝食であっても、タンパク質や野菜の摂取量を意識し、さらに眠っていた身体の代謝を高めるために温かいスープを取り入れられるのがベストです。

ですが、朝食を食べる習慣のない人は、急に朝食を食べようとしても体が受け付けてくれないこともあります。
その場合は、フルーツやヨーグルトを食べて、タンパク質はプロテインから摂取することにより短時間で栄養を補えます。
朝食を抜いてしまうよりは、遥かに効率良くトレーニング効果が得られます。

カロリーの目安は、1日に摂取する全量の30%を基準にしましょう。例えば1500kcalの場合は約450kcalを目安にして下さい。


もちろんトレーニングをすることは大切ですが、朝食から栄養を摂取することもダイエットには欠かせません。しっかり朝食を食べて綺麗な体を手に入れましょう!

プライベートジムDand.Aではプロのトレーナーがダイエットに関する正しい知識や痩せる為の食事方法を伝授します。
ご興味ある方は下記URLから無料カウンセリングにご応募下さい。
お待ちしております。

Dand.A公式サイト

 

f:id:dand-a20170201:20180708153758j:image