Fitness Press

- フィットネスプレス -

喫煙はダイエットの落とし穴!タバコが及ぼす悪影響とは

f:id:dand-a20170201:20171120191939j:image

こんにちは、Dand.Aの岸本です。

トレーニングを行っている方の中にも喫煙者はたくさんいます。
タバコに害があることは誰でも知っている事実ですが、どのような害があるのか正確に把握している方は少ないでしょう。
健康的に害があることは勿論ですが、トレーニングをして筋肉を付ける際にも様々な悪影響が出てしまいます。

 

本日は、タバコが及ぼすダイエットへの悪影響について解説します。

 

1. ダイエットにおけるタバコの悪影響

① トレーニング強度の低下

f:id:dand-a20170201:20181001114753j:image

タバコを吸うと肺の機能が低下します。
肺の機能が低下すると酸素を取り込む力が衰えて、運動能力と持久力の低下に繋がります。そうすると、回復が遅くなってしまいトレーニング強度を上げられなくなります。
トレーニング強度を上げられないということは、筋肉も付きにくいということになります。

② 超回復の速度が低下

f:id:dand-a20170201:20181001114814j:image

ニコチンには血管を収縮する作用があります。この影響で血液の循環が悪くなるため、新陳代謝等が低下します。
新陳代謝が低下すると「超回復」の速度低下に繋がります。超回復の速度が低下すると、筋肉の成長速度、脂肪が減少する速度も低下するため、トレーニングの効果が大幅に減少します。

※超回復に関しては、こちらの記事を参考にしてください。

www.fitness-press.com

③ 筋肉量の減少

f:id:dand-a20170201:20181001115624j:image

タバコに含まれるニコチンは「インスリン抵抗性」の原因にもなります。
インスリン抵抗性とは、すい臓から分泌されるインスリンが、筋肉や脂肪などに十分に働かない状態のことをいいます。
インスリンの働きが鈍くなって糖の吸収能力が低下すると、身体の中は糖不足だと認識してしまいます。そうすると、筋肉を分解して糖新生を行うため筋肉量が減少してしまいます。

 

2. 禁煙で得られる嬉しい美容効果

f:id:dand-a20170201:20181001112636j:image

ダイエット効果以外にも禁煙すると様々な美容効果も得られます。


血行促進で肌の潤いがUP
代謝がUPし肌のたるみ解消
活性酸素の除去効果で肌老化を抑制

美肌作りのためにサプリを摂取したり、エステサロンに通うよりも禁煙することが一番の美肌への近道になります。

また、禁煙をすると睡眠の質も高くなります。喫煙者の不眠症は禁煙者に比べて4~5倍といわれています。質の良い睡眠をとれるようになると、美肌効果はもちろん1日の疲労回復効果が高まります。

3. タバコダイエットの原理

「タバコを吸うと痩せられる」という情報があります。
それは、タバコに含まれるタールやニコチンなどは、空腹感や味覚を麻痺させる働きがあるためです。この働きにより、食事の前にタバコを吸うと食べ過ぎを防ぐのがタバコダイエットの原理です。
食事から摂取できる栄養に制限が出てしまい、筋肉量を減少する恐れがあるのでタバコダイエットはオススメはできません。


基礎代謝を支える筋肉を落としてまで体重を減らしたいのであればいいですが、少なくとも筋肉を鍛えて綺麗なカラダを目指す場合には禁煙をした方が良いでしょう!

 

プライベートジムDand.Aではプロのトレーナーがダイエットに関する正しい知識や痩せる為の食事方法を伝授します。
ご興味ある方は下記URLから無料カウンセリングにご応募下さい。
お待ちしております。

Dand.A公式サイト

 

f:id:dand-a20170201:20180708153721j:image