Fitness Press

- フィットネスプレス -

ダイエットの心強い味方!料理にもおやつにも使えるチーズの効果とは?

f:id:dand-a20170201:20180126212708j:image

こんにちは、Dand.Aの金子です!


ピザやハンバーガーによく使われるチーズ。カロリーが高く、ダイエットに不向きだと思う方も多いのではないでしょうか?しかし、このチーズにはダイエットをする方にとって嬉しい効果が沢山詰まっているんです!

 
今日は、そんなダイエットの心強い味方!料理にもおやつにも使える万能食材「チーズ」の効果についてご説明させて頂きます!

 

1. 気になるチーズのカロリーは?

栄養満点でカロリーが高いというイメージのチーズ。
チーズの種類別カロリーは次のようになります。

パルメザンチーズ       475kcal
チェダーチーズ             423kcal
ブルーチーズ              349kcal
クリームチーズ             346kcal
カマンベールチーズ   310kcal
モッツァレアチーズ   248kcal
カッテージチーズ         105kcal
※100gあたり

これだけを見ると、やはりチーズはカロリーが高い食材と言えます。
しかし、上記のカロリーの数値はどれも100gあたりのもの。実際に100gもチーズを食べるとなると胃がもたれてしまいますので、摂取カロリーはこれよりも少なくなると考えられます。

 

2. チーズがもたらすダイエット効果

それでは何故、カロリーが高いチーズがダイエットに効果的なのか?それにはチーズに含まれる様々な栄養素が大きく関わってくるからなんです!

  • 腹持ちがよく食べ過ぎ防止

ダイエットと言えば食事制限ですが、チーズは食後の血糖値を数値化したGI値が低い事から、血糖値が上がりにくい食品です。
食後に血糖値が上がりやすい(GI値が高い)と、血糖値の急降下が起こるため空腹を感じやすくなり、GI値が低いチーズは空腹を感じにくく、腹持ちがよく食べ過ぎ防止に繋がります。

  • 代謝を促し脂肪燃焼させる

確かにチーズはカロリーが高い食品ですが、カロリーが高い分それだけ豊富な栄養素が詰まっています。その中でもチーズには、脂肪の代謝を促進するビタミンB2が豊富に含まれています。
ビタミンB2は摂取する事で脂肪を溜まりにくくしたり、既に溜まっている脂肪を燃焼して痩せやすい体を作ってくれるなどの働きがあり、ダイエット効果の高い成分になります。

またビタミンB2には肌の代謝を良くしてくれる美肌効果もあるので、ダイエットしながらキレイになれる嬉しい効果もあります。

  • 豊富なタンパク質源

乳製品であるチーズには、筋肉の材料でもあるタンパク質が豊富に含まれています。
タンパク質を摂取して筋肉をつければ、代謝が上がり脂肪を燃やしやすくなります。

  • ストレスを和らげる

ダイエット中は何かとストレスが溜まりやすくなりますが、チーズに含まれるカルシウムはストレスを和らげる効果があります。
カルシウムには自律神経のバランスを整え、神経の興奮を鎮めてリラックスさせる作用を持ち、ドカ食いなどの暴飲暴食を防いでくれます。

 

3. ダイエットにオススメの種類は?

種類が豊富なチーズですが、その中でもダイエットにオススメのチーズをご紹介します!

低カロリーが嬉しいカッテージチーズ

カロリーが高めのチーズの中で、カッテージチーズは100gあたりのカロリーが105kcalとかなり低カロリー。味は淡白で少しの酸味があり、さっぱりとした味わいが特徴です。
カロリーが低い分、栄養成分としては他のチーズに比べると少なくなってしまいますが、カロリーオーバーを心配しなくていいので安心して食べれます。

ビタミンたっぷりカマンベールチーズ

チーズの女王とも称されるカマンベールチーズ。カロリーで言うと100gあたり310kcalとその他のチーズと変わらない平均的なチーズですが、トロリとした濃厚で上品な味わいなので、誰にでも食べやすく人気の高いチーズです。
カマンベールチーズの特徴はビタミンの多さ。先程ご説明したビタミンB2はカッテージチーズの何と3倍!!とにかくビタミンを摂りたいという方にオススメです。

コスパ優秀プロセスチーズ

ここまで説明したカッテージチーズやカマンベールチーズは自然発酵で作られるナチュラルチーズと呼ばれる種類で、その工程から値段も少し高め。
しかし、ナチュラルチーズと対をなすのがこの「プロセスチーズ」で、人工的に加工されたチーズなので値段も安く日持ちがしやすいとコスパが高いチーズになります。カロリーも若干高く栄養素としても他のチーズと比べると少し落ちますが、なるべくお金をかけたくない!という方にオススメです。

 

4. チーズを上手く活用しよう

f:id:dand-a20170201:20180126212732j:image

種類も豊富で栄養満点なチーズ。しかし、そんなチーズにも唯一足りない栄養素があります。
その栄養素が「食物繊維」。食物繊維はお腹を膨らませたり、腸内環境を整えて代謝を活発にしてくれる栄養素ですが、チーズにはこの食物繊維が含まれていないんです。
なので、食物繊維が豊富な野菜などと一緒に食べるようにしましょう!

食物繊維が豊富な野菜は、
・キャベツ
・ゴボウ
・ほうれん草
・ブロッコリー
などが挙げられます。
こうした野菜と一緒に食べる事により栄養バランスが良くなるだけでなく、チーズ独特の塩味がアクセントになるので余計な味付けも抑える事が出来ます!
ただし、食べ過ぎてしまうと簡単にカロリーオーバーしてしまうので一回の食事で20~40g程度チーズを食べる位に留めましょう!
食事の主役にも脇役にもなれるチーズ。その種類や特徴を理解して食べれば、ダイエットの心強い味方になってくれる事間違いなしですね!

プライベートジムDand.Aではプロのトレーナーが食事に関する正しい方法や知識を伝授します。
ご興味ある方は下記URLから無料カウンセリングにご応募下さい。
お待ちしております。

 Dand.A公式サイト

 

f:id:dand-a20170201:20180708153301j:image