Fitness Press

- フィットネスプレス -

食べても安心!ダイエットに役立つ「脂質食材10選」

f:id:dand-a20170201:20180204172549j:image

こんにちは、Dand.Aの岸本です。

「脂質はダイエットの天敵」と思われがちですが、脂質もダイエットには必要な栄養素の一つです。
確かに、脂質はタンパク質や糖質よりもハイカロリーのため、食べ過ぎると肥満に結びつくという印象が強いのですが、実は身体の調子を整える働きも持っています。

 

本日は、ダイエットや健康にも役に立つ脂質食材をご紹介します。

 

 

ダイエットにオススメの【脂質食材10選】

1. アボカド

f:id:dand-a20170201:20180204125313j:image

アボカドにはオレイン酸が豊富に含まれています。オレイン酸は、血液中の悪玉コレステロールを減少し動脈硬化や心臓病、高血圧の予防にも効果があり、血液がサラサラになるため代謝が上がり痩せやすくなります。

※アボカドのダイエット効果については、こちらの記事をご参考下さい。

www.fitness-press.com

 

2. アーモンド

f:id:dand-a20170201:20180204125300j:image

アーモンドに含まれる脂質の脂肪酸はほとんどが不飽和脂肪酸の為、血中の中性脂肪やコレステロールのコントロールを助ける働きがあります。
特に脂肪酸の約3分の2を占めるオレイン酸によって期待できるのは、いわゆる血液中の悪玉コレステロールを下げて、善玉コレステロールを維持する事です。

※アーモンドのダイエット効果については、こちらの記事をご参考下さい。

www.fitness-press.com

 

3. クルミ

f:id:dand-a20170201:20180204125303j:image

くるみの成分の約7割は脂質で、健康に良いとされるオメガ3脂肪酸がナッツの中ではもっとも豊富です。動脈硬化を防ぎ、コレステロール値や中性脂肪を下げるなど、生活習慣病の予防に効果的です。

 

4. ココナッツオイル

f:id:dand-a20170201:20180204125448j:image

ココナッツオイルに含まれている中鎖脂肪酸は水分となじみやすいため消化・吸収の効率が良いとされています。体内に取りいれることですぐに胃腸を動かして腸のぜん動運動を促進し、便通を良くしてくれます。

また、中鎖脂肪酸は栄養の吸収を高めつつ代謝を促し、身体に蓄積された脂肪を分解して排出する働きがあります。そのため身体が余分な脂肪や糖を吸収しなくなり、エネルギーを消費しやすくなるため、ダイエット効果を期待できます。

 

5. MCTオイル

f:id:dand-a20170201:20180204154343j:image

ココナッツに含まれる中鎖脂肪酸のことをMCT(Medium Chain Triglyceride) と言います。これがダイエットに効果があるとされている成分。
ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸(MCT)は約60%ですが、中鎖脂肪酸100%のものが「MCTオイル」です。

 

6. アボカドオイル

f:id:dand-a20170201:20180204155235j:image

アボカドオイルに含まれるオレイン酸には、腸を活性化させたり、潤滑油のようになって排泄物を排出しやすくする効果があります。また、コレステロール値を調節して正常に保つ働きもあります。アボカドと同様に、ダイエットに効果的です。

 

7. オリーブオイル

f:id:dand-a20170201:20180204160215j:image

オリーブオイルにはオレイン酸が豊富に含まれているため、ダイエットに効果的な油です。
生産地域では古くからオリーブオイルを取り入れた食事をしていたため、他地域と比べて癌や心疾患などの病気にかかりにくく、健康的な人々が多いです。

 

8. 亜麻仁油

f:id:dand-a20170201:20180204162028j:image

亜麻仁油にはオメガ3脂肪酸が含まれ、血管の健康の維持,脳細胞の活性,炎症抑制作用,うつ症状の緩和,肌の健康維持などに効果が高く、生活習慣病の予防とダイエットや美容の目的として、幅広く人気のある油です。

※オメガ3脂肪酸のダイエット効果については、こちらの記事をご参考下さい。

www.fitness-press.com

 

9. えごま油

f:id:dand-a20170201:20180204162353j:image

えごま油も亜麻仁油と同様に、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれます。
オメガ3脂肪酸は熱に弱いため、熱を加えずそのまま摂り入れるのが理想的です。

 

10. グラスフェットバター

f:id:dand-a20170201:20180204164108j:image

海外セレブの間で人気の「バターコーヒーダイエット」に使用されるのがグラスフェットバターです。グラスフェットバターには、中鎖脂肪酸よりもさらに分解されやすい酪酸と呼ばれる短鎖脂肪酸が豊富に含まれています。
短鎖脂肪酸は腸内にある悪玉菌の増殖を抑制してくれることから、腸内環境を整えてくれます。
国立循環器病研究センターがラット実験で「酪酸が脂肪の分解を促進する」と国際的なオンライン科学誌プロスワン誌に研究結果を報告しています。

 

通常は1日の摂取カロリーのうち20%〜30%の脂質が必要とされています。
これらの食材を摂ることで、健康的で綺麗な体を手に入れられるでしょう。
是非、お試しください!

 

プライベートジムDand.Aではプロのトレーナーがダイエットに関する正しい知識や痩せる為の食事方法を伝授します。
ご興味ある方は下記URLから無料カウンセリングにご応募下さい。
お待ちしております。

Dand.A公式サイト

 

f:id:dand-a20170201:20170802150134j:plain