Fitness Press

- フィットネスプレス -

世界が注目する日本の国民食「納豆」その恐るべきダイエット効果とは?

f:id:dand-a20170201:20180308063341j:image

こんにちは、Dand.Aの金子です!

日本の国民食と言っても過言ではない納豆。朝ごはんは毎日納豆を食べる!なんて方も多いのではないでしょうか?
その独特な味や香りゆえに好き嫌いが分かれる所ですが、近年では健康食品として世界中で食べられていますが、それには納豆の効果や効能が大きく関係しています。

今日は、食卓には欠かせない食材「納豆」のダイエットや健康効果についてご説明させて頂きます!

 

 

1. 納豆は栄養の宝庫

日本古来の食べ物でもある納豆ですが、古くから保存の効く発酵食品として知られています。この納豆には様々な栄養成分が含まれていて、その効果は美容にも健康にも嬉しいものばかりになります!

ネバネバの元「ナットウキナーゼ」

納豆独特のネバネバに含まれている成分「ナットウキナーゼ」は、納豆菌が作る酵素の一つです。このナットウキナーゼは、血液をサラサラにする効果がある事から新陳代謝を高め、痩せやすい体を作る事が出来ます。その効果は納豆を摂取してから10時間ほど体内で持続するので、より長い時間代謝を上げてくれます。
※発酵食品についてはこちらの記事をご参考下さい
http://www.fitness-press.com/entry/2017/07/29/221705

脂肪燃焼効果アップ「大豆タンパク質」

納豆の原料である大豆には良質なタンパク質である「大豆タンパク質」が含まれており、脂肪を燃焼する効果があります。大豆タンパク質は食事で摂取した余分な脂質を体外へと排出してくれる働きを持っていたり、コレステロールを低下させ内臓脂肪や中性脂肪を軽減させてくれる効果があり、多方面からアプローチします。

さらにタンパク質は筋肉量を高め、基礎代謝を上げてくれる働きがあり、睡眠中でもエネルギー消費をする事が可能になります。
※基礎代謝についてはこちらの記事をご参考下さい
http://www.fitness-press.com/entry/2018/01/08/023835

女性に嬉しい「大豆イソフラボン」

女性ホルモンと同様の働きをする事で知られる「大豆イソフラボン」。大豆イソフラボンは摂取する事により血中コレステロールを減らし、ダイエットや生活習慣病予防に有効な成分です。
コレステロールが高くなってしまうと脂肪が溜まりやすくなり、ダイエットの妨げになってしまう恐れがありますが、コレステロールの代謝がスムーズに促される事で回避出来ます。

また、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがある事から、生理痛や更年期障害などエストロゲンの減少に伴う症状を改善する働きがあり、ホルモンのバランスを整える役割も持ちます。

生活習慣予防に効く「サポニン」

納豆には他にもサポニンという成分が含まれています。このサポニンもダイエットには非常に効果のある成分で、糖質や脂質の吸収を抑える働きがあります。

さらに肥満防止の他に血中の悪玉コレステロールを下げる効果があります。血中に悪玉コレステロールが増えると血液がドロドロになり、様々な病気を引き起こしますが、生活習慣予防としても効果的です。

アンチエイジングの「ビタミンE」

若返りのビタミンとも呼ばれるビタミンEは強い抗酸化作用を持ち、血管や細胞などの老化防止に効果があり、美肌効果も期待出来ます。
※ビタミンEについてはこちらの記事をご参考下さい
http://www.fitness-press.com/entry/2017/08/16/184919

 

2. ちょい足しで栄養効果アップ

単体で食べても栄養価の高い納豆ですが、ちょっとしたものをちょい足しするだけでその効果をアップさせる事が出来ます!

  • キムチのカプサイシンで脂肪燃焼

f:id:dand-a20170201:20180308063409j:image

キムチに含まれる成分である「カプサイシン」。エネルギーを消費し、脂肪を燃焼させるのでダイエット効果を得られます。
また発汗作用があり納豆と同じく基礎代謝を上げるという特徴も持っていて、冷え症の改善にもオススメです。

さらに納豆に含まれる納豆菌と、キムチに含まれる乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える働きも持ちます。キムチは納豆との相性が良い食べ物ですが、塩分も多く含まれているので摂り過ぎには注意しましょう。

  • 大根おろしの食物繊維で満腹感&便秘改善

f:id:dand-a20170201:20180308063421j:image

大根おろしと組み合わせれば、納豆と大根おろしの食物繊維を同時に摂る事が出来るので、食前に食べればかなりの満腹感を感じられます。

また大根には「アミラーゼ」などの消化酵素が多く含まれている為、胃腸の消化機能を助けて便秘改善にも効果的です。ただし大根おろしはしばらく放置してしまうと、ビタミンCなどの有効成分が減ってしまい効果が薄れてしまうので、すぐに食べるようにしましょう!

  • オリーブオイルで脂肪の吸収を抑える

f:id:dand-a20170201:20180308070423j:image

オリーブオイルに含まれるオレイン酸には食欲を抑える効果や中性脂肪の吸収を抑える効果があります。

さらに腸内の滑りを良くし、小腸のぜん動運動を活発にするので、前述の2つと同じく整腸作用があり、納豆と組み合わせれば効果は抜群です!ただしオリーブオイルはカロリーも高いので、摂り過ぎには気を付けましょう。

 

3. 納豆を食べる時のポイントとは?

f:id:dand-a20170201:20180308065647j:image

様々な種類のある納豆ですが、食べる時に気を付けるポイントがあります!

  • なるべく生で食べる

納豆に含まれるナットウキナーゼは熱に弱く、加熱する事で成分が失われてしまいます。納豆の栄養を充分に摂るなら、加熱した納豆ではなく、生の納豆を食べるようにしましょう!
どうしても納豆を料理に使いたい場合には、納豆の成分が損なわれる前の70℃以下なら問題ありません。生の納豆を加熱料理にトッピングして食べれば栄養を損なうことなく、摂る事が出来ます。

  • 購入して数日してから食べよう

納豆は購入後も発酵が進んでいる為、購入してからすぐに食べるよりも数日置いた方が納豆に含まれる有効成分が増えています。せっかく食べるなら、栄養価を高めてから食べましょう!
納豆は栄養価が高いだけでなく、美容にも健康にも適した食材ですが、食べ過ぎてしまうと腎臓に負担をかけてしまうので、一日一パック程度に留めてあげるようにしましょう!


プライベートジムDand.Aではプロのトレーナーが食事に関する正しい方法や知識を伝授します。ご興味ある方は下記URLから無料カウンセリングにご応募下さい。
お待ちしております。

 Dand.A公式サイト

 

f:id:dand-a20170201:20170802145326j:plain