Fitness Press

- フィットネスプレス -

海外でも大注目の「甘酒」酒粕と米麹どちらがダイエットに効果的?種類別の栄養成分とは

f:id:dand-a20170201:20180418091631j:image

こんにちは、Dand.Aの岸本です。

牛乳やヨーグルトほどには馴染みのない甘酒ですが、海外セレブの間では美と健康、ダイエットに効果の高い「ジャパニーズ・ヨーグルト」として愛用されています。
この話題の甘酒ですが、米麹、酒粕、原料の違いにより効果が異なることはご存知でしょうか?それぞれの効果の違いを理解するだけで、目的により飲み分けることができます。

  

本日は、「米麹甘酒」「酒粕甘酒」の特徴、効果について解説します。
 

 

1. 甘酒とは

f:id:dand-a20170201:20180418091627j:image

甘酒とは、日本の伝統的な甘味飲料の一種です。
甘酒の歴史は、古墳時代から始まったといわれていて、江戸時代には「夏の栄養ドリンク」として夏バテを防ぐ効果があったため、夏に飲まれることが多かったようです。

甘酒は、主に米こうじと米、あるいは酒粕を原料とします。酒という名がつきますが、アルコール含有はわずかで、市販されている商品はソフトドリンク(アルコール度数1%未満)に分類されます。

2. 「酒粕」と「米麹」の違い

甘酒には、酒粕を原料とするものと米麹を原料とするものの主に2つの種類に分けられます。

酒粕甘酒とは?

f:id:dand-a20170201:20180417142240j:image

日本酒などのもろみを、圧搾した後に残るのが酒粕ですが、これをお湯に溶いてできるのが酒粕甘酒です。
酒粕には甘みがないので、普通は砂糖などの甘味を加えてつくります。そのため米麹甘酒よりも酒粕甘酒の方が糖質の量が高いのが特徴です。
家庭では、市販されている酒粕(板粕)を使って簡単に甘酒を作ることができるので、この酒粕甘酒を飲む機会が多いかと思います。

酒粕からできているため、微量のアルコールを含んでいるのが特徴で、お酒が苦手な方やお子さん、妊婦や授乳期の方、運転前などは注意が必要です。

 

米麹甘酒とは?

f:id:dand-a20170201:20180417142248j:image

米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたものが麹です。
この麹を、米に加えて発酵させてできるのが米麹甘酒です。
発酵の過程で米のでん粉が変化し、主にブドウ糖という甘味に変わるので、砂糖を加えなくても自然な甘みがあり、アルコール分は含んでいないのが特徴です
基本は砂糖無しですが、市販のものでは砂糖などを加えて飲みやすくしているものが多いです。

 

3. 「酒粕甘酒」の特徴と効果

お米の栄養成分が凝縮されていて、今最も注目されている成分「レジスタントプロテイン」が豊富に含まれています。

f:id:dand-a20170201:20180417230044j:image

ダイエットに効果絶大「レジスタントプロテイン」

レジスタントプロテインは、食物繊維の一種で、日本語で消化されにくいたんぱく質という意味です。
近年、注目されている健康成分の一つで、油を吸着するという点で食物繊維と同じような特徴があります。
このレジスタントプロテインは、体内に入った後消化されにくいためそのまま腸へ運ばれます。そこで悪玉コレステロールや食材の脂質や油を吸着し、便として体外へ排出されます。そうすると便中の脂質が増えるため便が出やすくなり、便秘の解消になります。
「コレステロールの低下」や「肥満抑制作用」が期待され、ダイエットや生活習慣病予防にも効果的です。

睡眠の質を高める「清酒酵母」

日本酒を作るときに使用する「清酒酵母」は人間が良い睡眠を取るために必要な脳内物質「アデノシンA2A受容体」を活性化させる役割があるため、睡眠の質を高める効果があります。
酒粕は日本酒を作ったあとの残りものなため、清酒酵母が豊富に含まれています。

 

アルツハイマー予防「フェルラ酸」

フェルラ酸はポリフェノールの一種で、植物の細胞壁などに含まれる成分です。フェルラ酸には脳機能改善効果や高血圧改善などの効果があり、最近では軽度のアルツハイマー病の症状改善についても注目されています。そのほかにも抗酸化作用もあるため、美容効果も期待できます。

 

美白効果「アルブチン」

アルブチンは、サンタベリーや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている美白成分です。メラニン色素の合成に関わる酵素であるチロシナーゼに直接作用し、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の合成を阻害する働きがあるため、美白効果があるとして化粧品などに配合されています。

 

美肌効果「スフィンゴ脂質」

酒粕には、米由来のスフィンゴ脂質というセラミドが含まれています。スフィンゴ脂質は、角質層で細胞と細胞をつなぎ合わせお肌の潤いを保つという大切な役割をしています。このスフィンゴ脂質にはチロシナーゼ(シミの原因になるメラニン色素の素)の活性を阻害する物質があります。

また、スフィンゴ脂質には、真皮層においてコラーゲンやエラスチンといった美肌成分を作り出す線維芽細胞の増殖を促進させる効果があります。線維芽細胞が活発に働けば、細胞の生まれ変わりを促し肌のターンオーバーが整って、自然と美肌が作られます。

 

腸内環境を整える「不溶性食物繊維」

酒粕に豊富に含まれている「不溶性食物繊維」がメインなため、便の量を増やします。
水溶性食物繊維と似た働きを持つレジスタントプロテインは、悪玉コレステロールや油を吸着する働きがあるため大腸でこの油分が潤滑油のような働きとなり便の排出をスムーズにします。また、酒粕に含まれるオリゴ糖はビフィズス菌などの善玉菌の餌となり、善玉菌を増やして腸内環境を整えます。

 

4. 「米麹甘酒」の特徴と効果

「甘酒=飲む点滴」といわれていますが、この甘酒とは米麹を使って作られた甘酒のことをいいます。抗酸化物質「エルゴチオネイン」が含まれているため、最強の美肌効果が期待できます。

f:id:dand-a20170201:20180417230053j:image

最強美肌効果「エルゴチオネイン」

米麹甘酒に含まれる成分、エルゴチオネインは、強い抗酸化作用を持つ水溶性の含硫アミノ酸の一種です。抗酸化ビタミンといわれるビタミンEの7,000倍の効果が得られます。

そのため紫外線の刺激による肌での活性酸素、炎症の発生を抑え、コラーゲン、エラスチンをダメージから守り、しわ・たるみなど肌の老化を予防します。また、エルゴチオネインの抗酸化作用は、美肌のみでなく、血液中の脂質の酸化を防ぎ、動脈硬化の予防に大きな効果を発揮します。

 

疲労回復効果「ブドウ糖」

米麹甘酒は、砂糖を入れなくても自然な甘さがあります。この甘みは、米のデンプンが発酵の過程で糖に変わることで生まれます。その甘さは主に「ブドウ糖」です。

普段私たちは、炭水化物を体に吸収できる形である糖質に変えて吸収していますが、甘酒には分解しなくても吸収できるブドウ糖がそのまま入っています。余計な力を使わずスムーズにエネルギーを補給することができるので、疲労時の栄養補給には効果的です。

 

腸内環境を整える「オリゴ糖」

オリゴ糖は善玉菌のエサになります。腸内細菌には善玉菌のほかに、悪玉菌や日和見菌がいますが、オリゴ糖をエサとするのは善玉菌のみです。オリゴ糖を摂取することで、腸内の善玉菌だけを増やすことができます。善玉菌は乳酸や酢酸などをつくり腸内を酸性にし、悪玉菌の増殖を抑えます。
結果、腸内環境は整い、腸の蠕動運動も活発になり、便秘の予防や解消に効果的です。

 

5. 甘酒の飲む量とタイミングは?

f:id:dand-a20170201:20180418001157j:image

甘酒の1日の摂取量の目安は200mlです。メーカーによって栄養価は変わってくるとは思いますが、身体にいいからといって飲み過ぎもよくありません。

美肌、美髪などの美容効果はどの時間帯に飲んでも効果が発揮されますが、朝もしくは夜に飲むと効果的といわれています。
ダイエット効果を狙うなら、朝に飲むのがオススメです。一方、ぐっすり眠って疲れをとりたい、安眠効果をという方には就寝1〜2時間前をオススメします。

 

原料が違うことにより栄養は変わりますが、酒粕であろうと米麹であろうと、甘酒は栄養豊富で美容やダイエットには優秀なことに間違いありません。
ですから、どちらを飲むか迷われている方は、両方混ぜて飲むのと良いです。
ただし、アルコールには注意をしましょう!

 

プライベートジムDand.Aではプロのトレーナーがダイエットに関する正しい知識や痩せる為の食事方法を伝授します。
ご興味ある方は下記URLから無料カウンセリングにご応募下さい。
お待ちしております。

Dand.A公式サイト

 

f:id:dand-a20170201:20170802150134j:plain