Fitness Press

- フィットネスプレス -

ヌルヌルがポイント!ダイエットや美容にも効く「もずく」のパワーとは

f:id:dand-a20170201:20180528042108j:image

こんにちは、Dand.Aの金子です!

便秘改善やダイエットに効果的な栄養素である食物繊維。この食物繊維は海藻類に多く含まれる事で有名ですが、昆布やワカメなどは下処理などに手間がかかって意外と面倒臭いと感じる方も多くいるのではないでしょうか?

そんな方にオススメなのがもずく!スーパーやコンビニでも手軽に買える食材ですが、その栄養は健康から美容まで幅広い事で知られています!

 

今日はそんなもずくのパワーについてご説明させて頂きます!

 

 

1. もずくって何?カロリーは?

f:id:dand-a20170201:20180528042119j:image

もずくとは、モズク科あるいはナガマツモ科に属する海藻の事を指します。保存性を高める為にお酢で味付けなどして加工されますが、加工されても栄養価はほとんど変わりません。
もぞくをそのままで食べると100gあたり6kcalであり、酢の物やスープなどに入れて食べても低カロリーなのでダイエットをする人にオススメの食材です。

生産量が最も多いのは沖縄県で全国の生産量の90%を占めていますが、イトモズクやイシモズクなど北海道や日本海沿岸に分布しているもずくもあります。

 

2. もずくが体にいい理由とは?

f:id:dand-a20170201:20180528042138j:image

テレビや雑誌でも「もずくダイエット」と呼ばれるブームが起きるほど効果の高いもずくですが、そこにはもずくに含まれる栄養素が関係しているからなんです!

  • 水溶性食物繊維の存在

もずくがダイエットにも良いのは「水溶性食物繊維」が豊富に含まれているからです。
水溶性食物繊維はその名の通り水に溶ける性質があり、腸内で水に溶けてゼリー状の粘着物質となって糖質と消化酵素の接触を防ぎ、太りにくくしてくれます。

また腸内の善玉菌を増やす効果がありお腹の中でゲル状の柔らかい便を作る働きがあるので、便が固くなりがちな方は水溶性食物繊維を含むもずくがオススメです。

  • フコダインという成分

もずくには水溶性食物繊維の一つである「フコダイン」という成分が豊富に含まれていて、この成分がもずくのヌルヌルとした食感を作り出しています。フコイダンには、血液中のコレステロールや中性脂肪の吸収を抑えて数値を下げる効果があります。
その為、もずくを食べた後に摂取した余分な脂肪は吸収されないまま便として体外に排出されやすくなるのです。

またフコイダンは胆汁酸を身体の外へ出しやすくしてくれます。胆汁酸は腸内で脂質と結合してしまうものですが、フコイダンにより胆汁酸が排出されて不足状態になると、血液中のコレステロールが胆汁酸を作ろうと消費される為、結果的にコレステロール値を下げる事が出来ます。

  • エネルギー代謝を促すフコキサンチン

もずくにはその他にもフコキサンチンというカロテノイドの一種で強い抗酸化力を持つ成分が含まれています。
また内臓脂肪を燃やしたりエネルギーの代謝を促進させたりする作用があり、ダイエットには欠かせない成分の一つとなっています。

その他にもフコキサンチンには糖質の代謝を促進させて血糖値を減少させる働きがある為、血糖値が急上昇したりする事を防いでくれます。血糖値が急上昇すると、その後に食欲が湧いて肥満を招きやすくなる為、出来るだけ血糖値を急上昇させない事がダイエット成功のポイントでもあります。

 

3. もずくを食べる時のポイントとは?

ちゅるっと手軽に食べられるもずくですが、食べる時のポイントがいくつかあります!

食前に食べる

f:id:dand-a20170201:20180528042152j:image

もずくのダイエット効果を高める最もシンプルな方法が「食前に食べる」です!
食事の前にもずくを食べる事により、豊富な食物繊維が満腹感を出したり、血糖値の上昇を抑えてくれます。またその際に、もずく酢を食べるとお酢が胃をコーティングして太りづらくしてくれるのでオススメです!

しかし、もずく酢のお酢は糖質が高いので汁は飲まないようにしましょう。

よく噛んで食べる

f:id:dand-a20170201:20180528042201j:image

もずくを食べる時によくありがちな注意点があります。それは「もずくを飲み込んで食べない様にする」という事です。

もずくは細くて柔らかく、のど越しも良いため一気に飲み込んでしまう方も多いのではないでしょうか。もずくを一気に飲み込んでしまうと、消化しにくくなってしまい、噛む回数がほとんどない為、ダイエット効果が薄れてしまいます。
それを防ぐ為にも、もずくはひと口ずつゆっくりと噛んで食べるようにしましょう。

ヌルヌルが栄養満点

f:id:dand-a20170201:20180528042415j:image

もずくを食べる時、調理方法によってはせっかくのもずくの成分を失ってしまう事があります。特に気をつけたいのが水洗いの時です。

ダイエット効果のあるフコイダンはもずくのヌルヌルとした部分に含まれているので、ゴシゴシ洗ってしまうと減ってしまいます。塩漬けのもずくや乾燥もずくを使う時は水を使いますが、決して洗いすぎない様に気をつけましょう。

 

4. もずくが苦手な人にオススメの食べ方

f:id:dand-a20170201:20180528042224j:image

栄養価の高いもずくですが、どうしても見た目や食感が苦手という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方にオススメの方法はスープなどの汁物に入れる事をオススメします!
お味噌汁などにもずくを入れる事で、もずくの風味が消えて食べやすくなるだけでなく、もずくのヌルヌルも気にならなくなるでしょう。
またもずくに含まれるフコイダンは加熱されると溶け出してしまいますが、煮汁ごと食べれば問題ありません。
それどころか、フコイダンが溶け出す事で吸収しやすくなるので一石二鳥と言えるでしょう!

また、もずく酢などをサラダに混ぜる事によりドレッシングなど余計な味付けを控える事も出来るのでオススメです。
もずくは低カロリーでありながら栄養が満点な食品です。体力が落ちて食欲がない時などにも効果的なので、積極的に取り入れていきたい食材ですね!

プライベートジムDand.Aではプロのトレーナーが食事に関する正しい方法や知識を伝授します。ご興味ある方は下記URLから無料カウンセリングにご応募下さい。
お待ちしております。

 Dand.A公式サイト

 

f:id:dand-a20170201:20180708151957j:image