Fitness Press

- フィットネスプレス -

半身浴よりも効果アリ!?温冷交代浴の方法をご紹介

f:id:dand-a20170201:20180603143147j:image

こんにちは、Dand.Aの岸本です。

最近はさまざまな健康法が雑誌やテレビ番組でも取り上げられていますが、そんな中でも特に話題となっている「温冷交代浴」を聞いたことがありますか? 

これは簡単にいうと、温水と冷水を交互に浴びる入浴方法のことです。この温冷交代浴の血行促進効果は半身浴の約3倍ともいわれています。
いつもの入浴の方法にひと工夫するだけで、健康効果以外にもダイエットや美容効果を得られることができます。

 

 

本日は、さまざまな分野で注目されている「温冷交代浴」の効果、正しい方法についてご説明します。

 

1. 温冷交代浴とは

f:id:dand-a20170201:20180603142509j:image

温冷交代浴とは、その名の通り温水と冷水を交代に浴びることにより、血流をよくし、冷えやむくみを改善する健康法です。その改善効果には、血管収縮作用だけではなく、自律神経の乱れを整える働きもあります。

この温冷交互浴には、体の代謝を高めるだけではなく、さまざまな健康効果があるとされていて、最近ではアスリートが疲労回復の手段としても用いています。特に2013年にはスポーツによる筋肉疲労に対する温冷交代浴の大規模な研究が行われ、18もの学術研究を調査し、温冷交代浴を評価した結果が海外から発表されました。

 

2. 温冷交代浴のさまざまな効果

筋肉痛や疲労の軽減にも効果的

f:id:dand-a20170201:20180603144334j:image

温水と冷水を交互に浴びるうちに、毛細血管がポンプのように伸縮して血液を末端まで押し出します。そうすると、全身の血のめぐりが良くなり疲労回復が早まります。また、血流が良好になることにより、代謝が高まりダイエット効果が得られます。

 

美肌効果

f:id:dand-a20170201:20180603143028j:image

温水と冷水の温度差が、体内にアドレナリンやコルチゾールなどのストレス軽減ホルモンを分泌してくれます。 温と冷の温度差の効能が、気分の高揚を生みつつ、ストレスの緩和させるといわれています。
精神的に安定しているということは、肌にも良いことで、肌がすべすべしてハリが出てきたり、冷水効果によって毛穴が引き締まるので、きめの細かい肌に変わっていく効果が期待できます。

 

自律神経を整える

f:id:dand-a20170201:20180603143638j:image

まず、温水に浸かると私たちはリラックスします。このときに、体の中で作用しているのが「副交感神経」で、緊張をほぐしたり、リラックス作用があるのです。
そして、冷水に浸かると「交感神経」が刺激されます。交感神経は、血の巡りを活発化して、体のエネルギーを充満させる働きがあります。
自律神経が乱れている人は、交感神経の作用が強過ぎて、体が上手くリラックスできていないということが多いのです。
温冷交互浴で、交感神経と副交感神経を交互に刺激することで、そのバランスを整えるため自律神経の乱れの改善に繋がるのです。

 

アトピー性皮膚炎などのアレルギーを抑制

f:id:dand-a20170201:20180603143422j:image

アトピー性皮膚炎がある場合は、汗をかいたり食べ物によって痒みが増してしまうなどの不快な症状に見舞われやすいです。
これも温冷交代浴によって緩和することができるといれています。温冷交代浴によって皮膚の表面が冷えるので、汗が出にくくなることも改善の理由といえるでしょう。
また、アトピーは免疫反応が過剰になっている場合が多いので、温冷交代浴によって自律神経の乱れを整えると、アトピーにとって暴走しがちな免疫反応が正常に保たれます。

 

複合性局所疼痛症候群(CRPS)のリハビリにも利用

温冷交代浴はCRPSのリハビリにも利用されています。自律神経の乱れに働きかけることで、疼痛を軽減させる効果があります。 リハビリに利用する場合は、利用方法や頻度など、必ず事前にかかりつけの医師にご相談ください。

 

3. 正しい温冷交代浴の方法

f:id:dand-a20170201:20180603144806j:image

では、温冷交代浴の方法をご紹介いたします。


①入浴前にコップ一杯ほどの水分を補給します。
②42度前後の熱めのお湯に3〜5分入浴します。
③上がって15~20度の冷水を30秒ほどシャワーで、足先から膝に向かってと、手の指先からひじに向かって浴びます。
④この②と③の手順を3~5回ほど繰り返します。最後は冷水で終了です。
⑤入浴後もしっかり水分補給をしましょう。

 

4. 温冷交代浴を行う際の注意点

f:id:dand-a20170201:20180603145144j:image

温冷交代浴は高血圧や心臓に持病を抱える方には、心臓への負荷が強いためオススメできません。

そのほかにも注意すべき方は、

  • 循環器疾患などの持病がある
  • 重度の炎症(肉離れやひどいねんざなど)がある
  • 薬を服用している方
  • 飲酒をしている
  • 体調不良

また、長くやればやるほど効果があるというわけではありません。
オーストラリアの研究では、温冷交代浴を12分と18分行った場合のパフォーマンスの回復度を調査したところ、12分の方が回復度が上がったという結果が報告されています。

 

温冷交代浴は、最低限のことに気をつけ、無理をしなければ簡単にできる入浴法です。まず一度試し下さい!


プライベートジムDand.Aではプロのトレーナーがダイエットに関する正しい知識や痩せる為の食事方法を伝授します。
ご興味ある方は下記URLから無料カウンセリングにご応募下さい。
お待ちしております。

Dand.A公式サイト

 

f:id:dand-a20170201:20180708151929j:image

画像提供:https://jp.freepik.com/free-photo/_1282587