Fitness Press

- フィットネスプレス -

ダイエット成功率は「成長ホルモン」の量と比例する!その効果と分泌量を増やす方法とは

f:id:dand-a20170201:20180610164012j:image

こんにちは、Dand.Aの岸本です。

成長ホルモンと聞くと、成長期の子供だけが必要とするホルモンだと一般的に思われがちですが、ダイエットのために日々トレーニングをする方にも深い関わりを持つホルモンです。

年齢とともに分泌量が減少してしまう成長ホルモンですが、あることをすると分泌量を増やすことができ、ダイエット成功率を格段にアップすることができるのです。

  

本日は、成長ホルモンの役割と身体への影響、分泌量の増やし方について説明します。

 

 

1. 成長ホルモンとは

f:id:dand-a20170201:20180610164619j:image

成長ホルモンは、小児期には身長を伸ばす作用、成人になってからは筋肉や骨、皮膚を強くする働きがあります。
なので、成人をしたら成長ホルモンは不必要というわけではなく、体を健康的に維持するうえでも必要なホルモンなのです。

また、成長ホルモンにはもうひとつ重要な役割があり、体にある物質をエネルギーとして使えるような物質に変換する働きです。私たちが生きていくためには、体内でエネルギーをつくることが欠かせませんが、成長ホルモンはその過程で大切な役割を担っています。

 

2. 成長ホルモンの役割とは

f:id:dand-a20170201:20180610165457j:image

成長ホルモンが、身体にどのような影響を与えるのか、以下にまとめました。

 
・筋肉、骨の量を保つ
筋肉、骨が成長、発達する
・肝臓など全身の臓器や器官が成長、発達する
健康な皮膚や毛髪を作る
脂肪の代謝を促し、脂肪が過度にたまらないようにする
・糖代謝の正常な状態を維持し、血糖値を正常に保つ
・免疫機能を保つ
・生殖機能を正常に保つ
・記憶力を高める
・意欲を高める

成長ホルモンは、小児期には骨を成長する働きをし、身長の伸びに大きく関わります。ですが、大人になると骨を成長する働きがメインではなく、血糖値の維持、組織の修復などが主な働きとなります。
また、成長ホルモンには体脂肪の分解や代謝を促進する働きがあり、ダイエットには欠かせないホルモンです。

体脂肪はトリグリセリド(中性脂肪)という形で体内に蓄えられているのですが、成長ホルモンはこのトリグリセリドを遊離脂肪酸とグリセロールに分解しエネルギーとして使われやすい状態にします。

 

3. 成長ホルモンの分泌量を増やすためには

成長ホルモンの分泌量は、年齢と共に減少していくので、少しでも成長ホルモンの分泌量を減らさないためにも対策を行っていくことが必要になります。

適切な負荷で筋トレを行う

f:id:dand-a20170201:20180610182604j:image

成長ホルモンが分泌されるトレーニングは無酸素運動、つまり筋トレで分泌されます。強度は、10回挙げるのが限界の重量設定で、バーベルやダンベルを使用した筋トレを3セット行うと多くの成長ホルモンを分泌されるといわれています。
さらに、筋トレにより成長ホルモンが十分に分泌された状態で有酸素運動を行うと、より多くの脂肪を燃焼することができます。

※効率のいい有酸素運動の方法に関しては、こちらの記事をご参考下さい。

www.fitness-press.com

 

アルギニンで成長ホルモンをより多く分泌

f:id:dand-a20170201:20180610183013j:image

アルギニンはアミノ酸の一種で成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。
アルギニンは体内で生成できる「非必須アミノ酸」なのですが、体内で生成される量が少なく外部から食事やサプリメントから摂取をしなければならないアミノ酸ということで「準必須アミノ酸」ともいわれています。
アルギニンを体内でより効率的に利用するには「筋トレ前」「就寝前」に摂るのがベストです。

 

睡眠の質を高める

f:id:dand-a20170201:20180610182804j:image

成長ホルモンの分泌を促し、成長のために欠かせない睡眠。 ぐっすりと深く眠るためのポイントは、自立神経の働きを理解してリラックスした状態をつくることです。

※質のいい睡眠の方法については、こちらの記事をご参考下さい。

www.fitness-press.com

 

2007年にカリフォルニア州スタンフォード大学で行われた研究では、 60歳以上の高齢者に対しての成長ホルモンの投与で筋肉量2kg増加したと発表されています。
成長ホルモンによる筋肉増量効果は確実ではないものの、高齢者に対しての成長ホルモン投与の実験では「やる気の増加・生活習慣の改善・精力的にトレーニングを行うようになった」など何事に対してもやる気が増し、その結果間接的に筋肉量が増加したという研究結果が出ています。
この研究結果からも、体つくりには欠かせないホルモンだとわかります。

 
プライベートジムDand.Aではプロのトレーナーがダイエットに関する正しい知識や痩せる為の食事方法を伝授します。
ご興味ある方は下記URLから無料カウンセリングにご応募下さい。
お待ちしております。

Dand.A公式サイト

 

f:id:dand-a20170201:20180708151850j:image

画像提供:https://jp.freepik.com/free-photo/_1282587