Fitness Press

- フィットネスプレス -

天然のシロップ「ハチミツ」がダイエットにオススメの訳とは?

f:id:dand-a20170201:20181208205014j:image

こんにちは、Dand.Aの金子です!

パンケーキにかけられたた~っぷりのハチミツ…。

ハチミツと聞くとその甘さからカロリーが高くてとてもダイエットには不向きだと思われる方も多いんじゃないでしょうか?しかし、ハチミツには様々な栄養素が含まれていて、その効果はダイエット中の方だけでなく美容や健康にも効果を発揮します!

今日はそんなハチミツについてご説明させて頂きます!

 

1. ハチミツについて

そもそとハチミツとは?

f:id:dand-a20170201:20181208205208j:image

ハチミツはその名の通り蜂たちが作った蜜の事です。
ハチミツを作るのはミツバチ達で、様々な花の蜜をせっせと集めて巣の中に持ち帰り加工し生成します。

花の蜜には「ショ糖」と呼ばれる糖分が含まれていて、そのショ糖をミツバチ達は体内の唾液酵素によって「ブドウ糖」と「果糖」に分解し巣の中に貯蔵します。
そして羽根を必死に羽ばたかせ水分を少しずつ蒸発させる事で、糖度を80%まで自力で高め濃縮していきます。

つまりハチミツとは蜂の力で作られた天然のシロップという訳なんです!この蜂の力のみで作られたハチミツを「純粋生ハチミツ」といい、スーパーなどで買えるハチミツは実はハチミツ風味のシロップなんです!

その事から純粋生ハチミツは値段も効果な物も多いですが、安価なハチミツとは味もまったく異なり食べればすぐに分かります。
さらに糖度が高められたハチミツは腐らず、時間によって成分も一切劣化しないという優れた保存食品にもなります!

ハチミツに含まれるカロリーは?

f:id:dand-a20170201:20181208205222j:image

そんなハチミツは砂糖と比べてもカロリーが少なく、血糖値の上昇を抑える効果のある優れた食品です。

ハチミツに含まれるカロリーは100gあたり294kcal
対して砂糖は種類にもよりますが350kcalもあります。

糖度が高められたハチミツですが、自然な甘味が特徴で、カロリーも砂糖と比べても抑えられているなどダイエット中の方にも嬉しいですよね!

2. ハチミツの万能効果とは?

f:id:dand-a20170201:20181208205354j:image

さて、カロリーが抑えられているハチミツですが、その他にも体に嬉しい様々な栄養効果があります!

  • 高い殺菌・治癒作用

ハチミツには「グルコン酸」という成分が含まれていて、高い殺菌・治癒作用があります。

またハチミツには水分含有量が少なく浸透圧効果が高いので、細菌の水分を奪い取り死滅させるという効果があり抗菌作用も期待出来る事から医療現場で消毒や殺菌目的として使われる事もあるくらいなんです。

もっと身近な所で言うと、口内炎やニキビケア、喉が痛くなって扁桃腺が腫れてしまった場合など高い保湿力と殺菌効果で喉の痛みを緩和してくれたりもします。
風邪を引いた時などに「ハチミツをとかしたお湯を飲むといい」というのは、こうした効果があるからなんですね!

  • ダイエット、疲労回復効果も

疲労回復には糖質が効果的だという事は有名ですが、ハチミツに含まれているブドウ糖はとても消化吸収が早い為、即効性の疲労回復効果があります!

またハチミツに含まれる糖質は血糖値の上昇が緩やかなので、摂取しても太りにくい特徴があります!
さらにビタミンB郡や亜鉛も豊富なので、代謝を促進してくれる働きもあります。代謝が良くなる事でエネルギーや脂肪を燃やす力を高めてくれます。

  • お通じにも効く

ハチミツには「オリゴ糖」という腸内環境を整える成分が含まれていて整腸作用がある為、便秘解消効果があります。

ハチミツはヨーグルトや乳製品に多く含まれるビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす働きがあるので、便秘の方にもオススメです!

※ヨーグルトについてはこちらの記事をご参考下さい
http://www.fitness-press.com/entry/2017/12/06/162735

  • アンチエイジング

ハチミツには抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれていてます。ポリフェノールは体を錆びにくくして若々しくする働きがあるので、アンチエイジングにも効果的です!

また、先程ご説明したようにビタミンB郡や亜鉛はお肌の細胞を活性化して新しいものに作り替える力があるので美肌効果も実感出来ます!

  • 動脈硬化を防ぐ

血管の層が固くなる動脈硬化にはハチミツに含まれる「コリン」という成分が効果的です!コリンは血管を拡張させ血圧を下げる働きがあります。
また、カリウムには塩分過剰摂取によって増えたナトリウムバランスを整える作用がある為、高血圧の方にもオススメです。

3. ハチミツには種類がある

f:id:dand-a20170201:20181208205533j:image

花の蜜から蜜蜂がせっせと働いて生成されたハチミツですが、実はそのハチミツには花の蜜によって種類があるって知っていましたか?

その種類はなんと16種も!!

当然花の種類によって効果にも違いが…
ここではそんなハチミツの種類についてご説明します。

  • レンゲ

日本を代表するハチミツでもっともポピュラーなハチミツの種類、それがレンゲ花から取れるハチミツです!
濃厚でコク深く舌触りの良いレンゲ花ハチミツは、日本人の味覚にもっとも合ったハチミツの王様と言ってもいいでしょう。

日本の養蜂の発祥地は岐阜県ですが、このレンゲは岐阜県に多く自生している為、国産のハチミツとしてもっとも有名です。

レンゲ花ハチミツの効果

肉料理を柔らかくする
便秘を解消させる
利尿作用

  • アカシア

レンゲの次にポピュラーなハチミツは、アカシアの花から採集される蜜で出来たハチミツです!
アカシア花のハチミツは果糖が多く固まりにくいという特徴があります。よく冷蔵庫や冬の戸棚で保存していたハチミツが分離しカチカチになってしまっていたなんて経験はありませんか?

果糖を多く含んだアカシア花のハチミツは固まりにくく、冬でもその流動性に変化はありません。
味はあっさりとしていて、ハチミツ特有の甘ったるさが苦手だという方には特にオススメのハチミツです!

レンゲのハチミツの様に料理に使うことはもちろん、ホットケーキに塗ったり、そのまま紅茶やコーヒーに入れたりしてもとてもおいしく食べる事が出来ます!

アカシア花ハチミツの効果

解熱作用
整腸作用で消化器官を整える
便秘解消効果

  • ラベンダー

ラベンダーは香りの良さからリラックス系のハーブとして昔から重宝されています。
このラベンダーから採集されるハチミツはとても香り豊かでさわやかな癒し系のフレーバーが味わいです!

味だけでなく香りも一緒に楽しみたいという方はぜひ淹れ立てのダージリンティーなんかに入れて飲むのもいいかも!午後のティータイムにはぴったりなハチミツで、主にフランスやヨーロッパ地方で人気があります。

パティシエの中でもその香りと独特の甘みが人気で、隠し味としてマドレーヌやフナンシェで使われる事も多いハチミツなので、お菓子作りが好きな方はぜひ使ってみるといいでしょう。

ラベンダーハチミツの効果

リラックス
お菓子作りの香り付け

  • 菜の花

菜の花からとれたハチミツは「菜種ハチミツ」と呼ばれ、国内では希少価値の高いハチミツとされています。

他のハチミツとは違ってブドウ糖の比率が高い為、すぐに固まってしまうという特徴をもったハチミツです。そのためトーストに塗ったりするのに最適で、コク深い風味が楽しめます。

喉に残るような甘さが苦手だという方にはあまりオススメ出来ないハチミツだと言えそうです。

菜の花ハチミツの効果

便秘解消効果
整腸作用

  • マヌカ

マヌカはニュージーランドに自生する木の事で、昔から健康に大きな効果があると重宝されてきました。
近年ではこのマヌカから採集される「マヌカハニー」がセレブの間でも大流行していましたが、これは数あるハチミツの中の一つという訳なんですね!

マヌカハニーの大きな特徴は、ピロリ菌をも殺菌してしまう程の殺菌力!
そして免疫力そのものを向上させる効果です!

色は濃く、ねっとりとした重さのあるハチミツでまるで生キャラメルを食べているかのような濃厚さが特徴です。

マヌカハチミツの効果

殺菌効果・抗菌効果
整腸効果
免疫力向上効果
癌細胞を抑制する効果

 

その他にも…

トチ
ミカンの花
タイム
リンゴの花
栗の花
百花
そばの花
菩提樹の花
クローバー
コーヒー花
ローズマリー

などのハチミツがあります。

4. ハチミツを取る時の注意点とは?

さて、そんなハチミツですが注意するポイントはあるのでしょうか?

純粋なハチミツを選ぶ

f:id:dand-a20170201:20181208205748j:image

先程ご説明したように、ハチミツには様々な種類があり、甘味料を加えられていたりして加工されていたりするものもあります。

高い栄養素を期待するのであれば純粋ハチミツと呼ばれるものやマヌカハニー、またはローハニーと呼ばれるものをオススメします!
ローハニーは収穫した際に不純物を取り除いたハチミツになります。

赤ちゃんには与えない

f:id:dand-a20170201:20181208205757j:image

ハチミツが赤ちゃんには良くないという話を知っていますか?

これはハチミツに含まれている事がある「ボツリヌス菌」が感染してしまう恐れがあるからです。
ボツリヌス菌は土壌に広がっている細菌で、ミツバチが花の蜜を採集する際まれに付着しそのままハチミツの中に混入してしまっている事がある細菌で、全てのハチミツの中に存在するというものではありません。

1歳未満の赤ちゃんは消化器官が未発達の為、ボツリヌス菌が発芽してしまうリスクがあるので、絶対に与えないようにしましょう。ボツリヌス菌のリスクを避けるという意味では小さいお子さんにはハチミツは控えた方がいいかもしれません。

5. ハチミツを手軽に取り入れるポイントとは?

f:id:dand-a20170201:20181208205843j:image

そのまま食べたり、お湯にとかして飲む事が出来るハチミツですが、ちょっとしたアレンジでより美味しくヘルシーに取り入れる事が出来ます。

オススメは黒酢やレモンと一緒に摂る事です!

健康作りに飲んでいる方も多い黒酢は、そのまま飲むと少し酸っぱいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そんな時にハチミツを入れる事により、まろやかな甘味が加わり飲みやすくなるだけでなく、疲労回復や代謝の促進効果もUP!!

またビタミンCを多く含むレモンと一緒にとれば、抗酸化作用が増しデトックス効果抜群です!こちらもレモン特有の酸っぱさを抑えてくれるのでオススメです!

いかがでしたでしょうか?

ハチミツは料理の下味にもなったり、ちょっとした甘味を付け足したりと万能の食品になります!

栄養価も高いハチミツを是非取り入れてみましょう!

プライベートジムDand.Aではプロのトレーナーが食事に関する正しい方法や知識を伝授します。ご興味ある方は下記URLから無料カウンセリングにご応募下さい。
お待ちしております。

 Dand.A公式サイト

 

f:id:dand-a20170201:20180708151622j:image