Fitness Press

- フィットネスプレス -

白米に混ぜて美しく健康に!黒米の嬉しい効能とは?

f:id:dand-a20170201:20200809155009j:plain

こんにちは。Dand.Aの落合です!

皆さんは古代米の「黒米」をご存知ですか?
「黒米」は『くろごめ』『くろまい』と読まれ
ここ最近健康志向が強まってきて黒米や玄米、雑穀米などを食事に取り入れる方も多くなってきたと思います。

今回は黒米を食事に取り入れることで「なぜ健康になれるのか?」をご紹介します!

1. 黒米とは

f:id:dand-a20170201:20200809162244j:plain

黒米の歴史はとても古く2000年以上前までさかのぼります。中国の張騫(ちょうけん)という人物がこのお米を発見し、それ以降出世街道を歩んだことで、「出世米」としても呼ばれているそうです。その他にも、世界三大美女の楊貴妃もその栄養と美容効果を期待して黒米を食べていたそうです!

 

2. 黒米の嬉しい効能とは

f:id:dand-a20170201:20200723125627j:plain

健康に嬉しい成分が入ってる

黒米には「アントシアニン」というポリフェノールが含まれています。
アントシアニンは抗酸化力がとても強く、細胞の老化の原因となる活性酸素の働きを抑制する働きがあります。そして、発がん性物質の抑制も期待できるのでがんの予防にも効果的です!

血糖値の上昇を抑える

黒米は精米されていないので「糠」があります。その事により、消化吸収に時間が掛かるので血糖値の上昇が緩やかになります。
この事は、血糖値の上昇を数値で表した「GI値」という数値からも明らかで、白米が83そして、黒米は僅か49という数値で白米と比べると血糖値が上がり難く脂肪が付きにくいです。その為、肥満や糖尿病のリスクを抑えることが期待できます!

※GI値の詳しい説明についてはこちらをご参考ください。

www.fitness-press.com

美肌効果も

黒米には「チロシナーゼ」「コラゲナーゼ」という成分が含まれていて、シミやくすみの原因となるメラニンを生成し、美肌に重要なコラーゲンやヒアルロン酸を壊す酵素の働きを抑制します!

豊富なビタミン・ミネラル

黒米には「タンパク質・ナイシアン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンE・鉄分・カルシウム」が多く含まれており、その栄養価の高さは玄米よりも高いと言われています!

※玄米のの詳しい成分やメリットについてはこちらもご参考ください。

www.fitness-press.com

 

3. 黒米の美味しい食べ方

f:id:dand-a20170201:20200809171558j:plain

ズバリ白米に混ぜて食べるのが一番おいしい!

白米1合に対して黒米を大さじ1杯(15g)を混ぜて、水を白米だけで炊く時の量+20mlを加えるだけです。後は30分ほど給水させて炊けば完成です。黒米のプチプチとした食感がたまりません!

 

4. ただし食べ過ぎに注意

f:id:dand-a20170201:20200610182657j:plain

堅いがゆえに胃や腸に負担がかかりやすい

黒米は、比較的に硬く胃や腸に負担をかけてしまいます。
ですので、黒米を調理する際は、炊き上げる前に水に浸けてしっかり水を吸収させ、食べる際はしっかり噛むことを心がけましょう。
硬くなった黒米をよく噛まずに飲みこんでしまうと、便秘を引き起こす恐れがあります。

ポリフェノールの摂りすぎでお腹を壊してしまう恐れが

黒米にはポリフェノールが含まれていますが、ポリフェノールを摂りすぎると軟便になってしまう恐れがあります。
体の健康や美容効果をもつポリフェノールですが、過剰に摂取すると下痢のもとになってしまいます。摂り過ぎには注意しましょう!

いかがでしたか?

黒米は、白米に比べて収穫率が高くないので、時代と共に徐々に作られなくなってしまいました。ですが、最近では黒米の栄養価が見直され、改めて需要が高まっている食材です。普段の白ごはんに少量の黒米を加えるだけで、身体に嬉しい効果を得る事ができる「黒米」みなさんも是非取り入れてみてはいかがでしょうか?

プライベートジムDand.Aではプロのトレーナーがダイエットに関する正しい知識や痩せる為の食事方法を伝授します。
ご興味ある方は下記URLから無料カウンセリングにご応募下さい。
お待ちしております。

 

Dand.A公式サイト