Fitness Press

- フィットネスプレス -

ただの添え物?食べない派は必見!驚くべき「パセリ」の栄養とは

f:id:dand-a20170201:20210504103143j:image

こんにちは。Dand.Aの落合です!

お肉や魚料理などで、よく彩りとして添えられている「パセリ」なかなかこのパセリを食べる方は少ないのではないでしょうか。
しかし、実は脇役とされるパセリは栄養価の高い食材だったのです。

本日は、パセリの意外と知られていない栄養素についてご紹介いたします!

 1. パセリの「歴史」と「種類」について

f:id:dand-a20170201:20210504103202j:image

パセリの原産地はヨーロッパ中南部から北アフリカにかけての地中海沿岸とされていてパセリは古代エジプト時代より「薬用や臭い消しの歯磨き用」として使われていたそうです。
18世紀初めにオランダから日本に渡ってきたとされ、和名は「オランダセリ」といい、パセリの栽培が本格的になったのは明治から大正時代にかけてと言われており、現代まで続いています!

「カーリーパセリ」「イタリアンパセリ」

f:id:dand-a20170201:20200812153245j:plain

パセリには、硬く小さな葉がカールしている独特の風味と香りを持つ「カーリーパセリ」と呼ばれるパセリと、葉が丸まっていない平たい葉を持つ「イタリアンパセリ」があります。
味や見た目は異なりますが、それぞれのパセリに含まれる栄養価にはほとんど違いがないので、好みや料理に合わせて選ぶといいです!

 

2. 知れば残すのが勿体なくなる。パセリの栄養と効能をご紹介

f:id:dand-a20170201:20200812153912j:plain

「鉄分とカリウムのミネラル」が豊富に含まれている

パセリには鉄分が豊富に含まれていて100g当たり7.5mgも含まれいます。野菜の中でも鉄分が多いとされる小松菜のおよそ3倍の含有量なんです!

疲労回復に効果的「ビタミンC」

パセリに含まれるビタミンCは野菜の中でもトップクラスです。
ビタミンCは鉄分の吸収を助けるだけでなく、免疫力の向上や疲労軽減などに効果がある栄養素です。ただ、水溶性のビタミンなので加熱すると栄養成分が壊れてしまいます。ですので生食から取り入れる事ができるパセリならしっかりとビタミンCを摂取できます!

ハリコシのある髪の毛に「βカロテン」

緑黄色野菜に多く含まれているβカロテンですが、こちらもパセリに多く含まれる栄養素です。
βカロテンには抗酸化作用があり、粘膜や皮膚の健康を保ち外部からのウイルスや細菌の侵入を防ぐ働きがあります。また、βカロテンは体内でビタミンAに変化することで髪の毛を健康に保ったり動脈硬化を防ぐ働きなどがあります!

「ビタミンK」の含有量が野菜の中でトップクラス

パセリにはあらゆる生鮮食品の中で、最も多くビタミンKを含んでいます。ビタミンKはカルシウムを骨に定着させる働きがあるのと、血液を凝固させる働きにも関わっています!

口臭予防に「アピオール」

パセリ特有の香りはアピオールという精油成分によるもので口臭予防や食欲促進、疲労回復、食中毒予防などに効果的とされています。その他にも、ビタミンB1、ビタミンB2などのビタミン、そしてカルシウム・マグネシウムなどのミネラルも含んでいて、且つ食物繊維も多く含んでいます。

 

3. パセリのおすすめな食べ方

「油で炒める」調理法がおすすめ

f:id:dand-a20170201:20200813160321j:plain

生のまま添えるというイメージの強いパセリですが、油と一緒に取るとβカロテンとビタミンKの吸収率が高くなります。また炒めることで独特の苦みもなくなり食べやすくなります。
ただ、ビタミンCやカリウムは熱に弱く加熱すると壊れやすくなるのでさっと炒める程度にしましょう!

「生のまま」で取り入れる

f:id:dand-a20170201:20200813161055j:plain

パセリに含まれるビタミンCやカリウムは熱や水に弱い性質を持っているのでそのままサラダに入れて食べるのも良いです。 
その際に、オイル系のドレッシングを使うことでβカロテンやビタミンKといった栄養素も効率的に摂取できますし、グリーンスムージーとしてバナナや小松菜、ほうれん草、キウイと一緒に混ぜて飲むのもオススメです!

乾燥させて保存しておく

f:id:dand-a20170201:20200813161134j:plain

パセリは乾燥させても栄養成分にほとんど変化がないのでスーパーで売っているパウダー状のパセリもオススメです。また乾燥させると冷凍庫で長期保存が可能になります!

いかがでしたか?

料理に彩を添えるだけのように思われているパセリですが、体にとってうれしい効能が含まれていることがお分かりいただけたと思います。パセリを残すことがもったいないと感じてしまうのではないでしょうか?
是非料理の彩りだけでなく、パセリをメインに据えたメニューを試してみてください!

プライベートジムDand.Aではプロのトレーナーがダイエットに関する正しい知識や痩せる為の食事方法を伝授します。
ご興味ある方は下記URLから無料カウンセリングにご応募下さい。
お待ちしております。

 

Dand.A公式サイト